犬のしつけ」カテゴリーアーカイブ

可愛くてつい…。犬の飼い主がやりがちなNGな甘やかし行為3つ

飼い主がやりがちなNGな甘やかし行為①「人間の食べ物を与える」

手で食べさせてもらっている犬

 

これは最もやりがちなNGな甘やかし行為でしょう。食事をしている時、“ちょうだい?”と甘えてくる愛犬の姿に、つい人間の食べ物を与えてしまっているのではないでしょうか。ちょっとだけなら、という甘い考えが、愛犬を苦しめてしまうかもしれません。

 

近所に住む、菓子パンが大好きなラブラドールのJくん。飼い主さんの朝ごはんである菓子パンを毎日おすそ分けしてしてもらっていました。その結果、肥満になり、検査のために何度も身体に針を刺され、大好きなごはんも減らされ、重い身体で運動し、皮膚病まで発症してしまいました。“ちょっとだけ”の甘やかしも、習慣化してしまうと恐ろしいものです。

 

飼い主がやりがちなNGな甘やかし行為②「抱っこの要求に応える」

抱っこされている柴犬

 

これは、私の実体験です。愛犬のポメラニアンの女の子は、お散歩は大好きなのですが、自分自身で歩くことはあまり好きではありません。朝と夕、30分ずつお散歩をします。しかし、以前は10分ほどしか歩いていませんでした。20分は私が抱っこして歩いていたんです。疲れると“抱っこして〜”と甘えてくるので、その要求にいつも応えていました。

 

その結果、健康診断で肥満だと診断されてしまいました。獣医さんが推奨する体重よりも1kgオーバーしていたんです。犬にとっての1kgは人間の10kgだ、と聞いたことがあります。見た目にはわかりませんでしたが、お腹の周りには皮下脂肪がたっぷり。問診によって、食生活には全く問題はない、運動不足だ、と言われてしまいました。抱っこなしのお散歩を頑張り、体重も減り、獣医さんにも褒めていただきました。重篤な病気を発症する前に改善できて本当に良かったです。

 

飼い主がやりがちなNGな甘やかし行為③「しつけをしない」

濡れたカーペットと子犬

 

愛犬が粗相をしてしまった時、叱ってあげていますか?怒鳴ることや叩くことが叱るということではありません。トイレの場所をしっかり教えてあげること、この場所で排泄をしてはいけないことを教えてあげること、それがしつけです。「ここでおしっこしちゃダメっ!」と大声で叫んでいませんか?「またやっちゃったの〜?」と叱ることなく後始末をしていませんか?それではいつまで経ってもトイレトレーニングは終了しません。

 

“どうせ叱られないも〜ん”と飼い主さんを見下し、あちこちで粗相してしまうかもしれません。しつけが甘く、トイレの仕方を上手く理解することができていない可能性もあります。トイレトレーニングだけではなく、しつけは愛犬のために行うものです。そして、飼い主さんや家族が快適に暮らすためです。しつけをせずに甘やかしていると、愛犬の生活環境が悪化してしまうかもしれません。

 

まとめ

女性に抱っこされているポメラニアン

 

これは今すぐにやめた方が良い!と私が感じる「飼い主がやりがちなNGな甘やかし行為」を3つご紹介しました。愛犬のわがままやイタズラや無駄吠えなどでお悩みの飼い主さん。もしかすると、あなたのNGな甘やかし行為が原因かもしれません。

家族として、屋内飼いの犬に必要なしつけ 16のチェック項目

家族として、家の中で飼われることが多くなった犬。それにともなって、育て方、しつけ方も変わってきます。公益社団法人「日本動物病院協会」(JAHA)が提唱する家庭犬に求められるマナーについて、家庭犬しつけインストラクターの西川文二さんに説明していただきました。

番犬でなく家族としての犬
番犬でなく家族としての犬

番犬から家族へ

日本ペットフード協会の調査によれば、2002年までは、日本の犬は外飼いの犬が過半数を占めていました。しかし、今や純粋な外飼いの犬は、10数パーセントに過ぎません。

飼う場所の変化は、犬と飼い主の関係の変化の表れでもあります。番犬から家族へと、犬に飼い主が望むものが変わったのです。

昔も犬は家族だとよく言ったものですが、数人いる家族の中で、特定の一人だけを、家の中に入れず庭や玄関先で食事をさせる、あるいはお出かけする時に家族の特定の一人だけ連れて行かないとしましょう。もし人間の子どもであれば、虐待そのものに他なりません。

今や多くの飼い主が犬とリビングで一緒に過ごし、お出かけにも同伴させる、「楽しい時間を共有する」存在と変わってきているのです。

法的にも、動物愛護法の成立で、犬は人間が支配する対象から、共に生きる対象へと大きく変化した、と見て取れます。

楽しい散歩
楽しい散歩

教えるべき内容も変化

人間の教育やしつけを見ればわかりますが、望む姿が変われば、教える内容やしつけの内容も変わってきます。犬も同様です。番犬の時代に教えていた内容を変えなければ、現在における望むべき犬の姿にはなりません。番犬へと育っていってしまうのです。

もし、オスワリ、オテ、オカワリ、オアズケ、ヨシが、犬に教えるべき基本的なしつけであり、叱ることがしつけには重要だと考えているのなら、そして現在、吠える、引っ張る、飛びつく、噛むなどの問題に悩まされているのなら、それは番犬の時代に犬に教えていた内容を教えていたので、結果、見事に番犬に成長してくれたということなのです。

では、リビングで共に過ごし、お出かけにも同伴させ、楽しい時間を共有する存在に犬を育てるには、何を教えたらいいのか。

そのひとつの指標となるのが、これからお話する「JAHA 家庭犬マナーチャレンジ」です。

ともに生きる家族
ともに生きる家族

16のチェック項目

JAHAとは、公益社団法人「日本動物病院協会」。家庭犬とは、先の「リビングで共に過ごし、お出かけにも同伴させ、楽しい時間を共有する」、家族の一員として迎え入れた犬のことです。

そして、JAHA 家庭犬マナーチャレンジには、多くの飼い主が現在望む姿に犬を育てるために、最低限これくらいは教えておきましょうという指針が示されているのです。

「家庭内において」「お散歩において」「旅行・お出かけにおいて」「診察や健康チェックで」といった、4つのカテゴリーからそれぞれ4つの具体的な項目、計16項目のチェックポイントが明記されています。

1)家庭内において
a. ブラッシングを嫌がらずに、日常的にさせているか
b. 足ふきを嫌がらずに、日常的にさせているか
c. 「おいで」で犬が喜んでそばに来るか、リードを付けることも嫌がらずに、日常的にさせているか
d. 飼い主の食事、読書の間、足下でリラックスしてフセで待てるか

2)お散歩において
a. 犬連れとのすれ違いが上手にできるか
b. 扉の出入りの際、オスワリ・マテができ、扉を開けても飛びださないか
c. 他人が近づき飼い主と挨拶している間、オスワリで待てるか
d. リードをたるませてのお散歩が楽しめているか

3)旅行・お出かけにおいて
a. キャスター付旅行鞄などが背後を通っても過剰な反応を示さないか
b. 旅先、ハウスで大人しく待機できるか
c. 飼い主が落ちているものを拾う間、オスワリまたはフセで待てるか
d. 不慣れな足場を通過させられるか

4)診察や健康チェックで
a. 他人に犬を預け、飼い主の姿が見えなくなっても、過剰な反応を示さないか
b. 診察台に乗せられ診察を受ける間、過剰な反応を示さないか
c. 歯のお手入れを嫌がらずに、日常的にさせているか
d. 目、耳道、口の中、爪先、肛門のチェックを嫌がらずに、日常的にさせているか

犬と共生できる社会に

もちろん、日常生活に必要な項目は、まだまだあります。しかし、先の16項目ができていれば、ほかも教えているだろう、あるいは教えられるだろうと考えられるわけです。

JAHAのホームページに詳細が掲載されています。JAHA認定家庭犬インストラクターのもとでチェックを受けて、すべてクリアできると、JAHAから合格証も発行されます。

マナーチャレンジの各項目をクリアできることを目標に、ぜひ犬を育ててみてください。その先にあるのは、飼い主の幸せと犬の幸せの両立、そして犬が社会的に受け入れられる、まさに人と犬とが共生できる社会の実現なのです。

早朝に起きて吠える犬 夜眠る時間を遅くする工夫を

子犬や若い犬が早朝に起きて吠え始めるというのはよくある相談のひとつです。犬は薄明薄暮性といって薄暗い時間帯に活動性が高まる動物です。野生下であれば早朝や夕暮れ時に狩りに出かけるのが正常な行動であり、朝夕の散歩はそんな犬にとって良い習慣と言えます。ただし人は本来明るい時間帯に活動する動物なので、まだ薄暗い時間帯に起こされるのは好ましいことではありません。

特に子犬の間は1日の中で何度も「寝る→起きる→排泄→遊ぶ→食べる→寝る」を繰り返します。成長とともにこのサイクルは少しずつ長くなって、我々人間と合ってきますが、しばらくは多少の早起きは覚悟してください。特に早朝子犬がクンクン言う場合、オシッコやお腹が空いたなど生理的欲求のサインの可能性があります。これを無視するとだんだん大声で吠えるようになります。夜中や早朝に大声で吠えだすと近隣への迷惑となるため無視するわけにもいかず、大声で吠えたタイミングでケージから出すと、吠えをさらに強化してしまいます。子犬が起きてクンクン言い始めた時は、大声で吠えだす前にケージから出してトイレに誘導しましょう。

そしてできるだけ子犬が朝起きる時間が遅くなるように工夫しましょう。あなたが夜更かしした次の日にはいつもよりゆっくり寝たいと思うように、子犬も夜眠る時間を遅くすれば次の日に起きて騒ぎ始める時間を遅らせることができます。ほとんどの子犬は飼い主が眠る前から寝てしまいますが、そのままにしておくと夜中や早朝に起きて吠え始めてしまうことになります。したがってあなたが眠る少し前に一度眠っている子犬を起こしましょう。ちょっとかわいそうな気もしますが、子犬はあなたと違って昼間もゆっくり寝ることが許されます。ひっぱりっこのおもちゃなどでしっかり遊び、一旦しっかり目を覚ませてしまいます。子犬が十分遊び疲れてから、排泄を済ませてケージに入れると子犬の睡眠サイクルをずらすことができます。