犬の生活」カテゴリーアーカイブ

犬が飼い主にもたれかかる心理5つ

犬が飼い主にもられかかる心理

寝転ぶ飼い主の横で寝転ぶ犬

 

1.信頼しているから

犬が飼い主にもたれかかり体重を預けている場合は、飼い主を信頼している証拠だと言えます。飼い主を信頼しているからこそ、自分の体重を預けて飼い主にされるがままにされてもいいと思っているのかも。また、信頼しているという気持ちを見せるために、もたれかかっているのかもしれませんね。

 

2.安心しているから

犬が飼い主にもたれかかっているのは安心を感じていることで、無意識に飼い主に寄りかかっているのかもしれませんね。安心しているからこそ、信頼しているからこそ、近くにいると思わずウトウトとしてしまい、気づかないうちにコテんと眠りについてしまった!そんな事情がそこにはあるのではないでしょうか?

 

3.飼い主と少しでも一緒にいたいから

ソファーに座る飼い主にもたれてくつろぐ犬

 

飼い主にもたれかかるということは、密着をしているということ。すなわち、飼い主と少しでも一緒にいたい、もっと寄り添っていたいという気持ちが大きいため、飼い主にもたれかかっているのかもしれませんね。飼い主にもたれかかることで、飼い主の香りをより身近に感じられるだけではなく、飼い主と寄り添えることに喜びを感じているのかも。

 

結果的に体を預けてもたれかかる姿にはなっていますが、実は飼い主と少しでも一緒にいたい、飼い主をもっと近くで感じたい、そんな深層心理からもたれかかるという行為に至っているのかもしれませんね。

 

4.不安なことがある

もられかかるだけではなく、何かを怖がるように震えている場合は、もしかしたら何らかの不安要素を感じて怯えているのかもしれませんね。不安なことがあるため、信頼できる飼い主様に寄り添い、心を落ち着かせようとしているのかもしれません。

 

人間でも犬でも怖いことがあったり、不安な気持ちが心の中を支配したりしているときは、どうにかして自分を安心させようという心理が働きます。その心理が働いた結果、誰よりも信頼し、何かあったら必ず守ってくれる飼い主に寄り添うという選択をしているのかもしれませんね。誰よりも、何よりも安心な飼い主の近くにもっとよりたいという気持ちから、もたれかかられているのかも。

 

5.抱きしめている

暖炉の前でくつろぐ飼い主にもたれる犬

 

犬が飼い主にもたれかかる行為は、人間でいうところの抱きしめるのと同じ行為なのだと言われています。犬は抱きしめるという愛情表現を見せることはほとんどありませんが、飼い主にもたれかかることで愛情表現をしているのかも。体を預けられるほど好きだよ、信頼しているよ、愛しているよという気持ちを伝えようと思っても、言葉が喋れないので難しいです。

 

その代わり、体を使って愛情表現をしたり自分の気持ちを伝えようとしたりしてくれるのが、犬のかわいいところです。もたれかかり、上目遣いでこちらを見つめてくれる愛犬を見かけたら、愛情を伝えるためにギュッと抱きしめながら「大好きだよ」と愛情を伝えてあげてはいかがでしょうか。

 

まとめ

横になった犬を抱きしめる女性

 

犬が飼い主にもたれかかる理由は様々ありますが、そこには「飼い主への愛情」が隠れていることがほとんどです。飼い主が大好きだからこそ、信頼している証としてもたれかかり、抱きしめる代わりとして愛情を伝えてくれているのです。

 

愛犬の愛情表現に答えてあげるため、愛犬に愛しているという思いを伝えるために、ぜひ飼い主にもたれかかる愛犬をギュッと抱きしめてあげるようにしましょう。抱きしめてあげるだけで、犬はとても幸せな気持ちになります。愛犬が好きならば、大好きな愛犬を愛しいと感じたら、言葉に出して「愛している」と伝えてあげてもいいかもしれませんね。

犬は人をよく見てる!犬が真似する人の仕草や行動5選

犬は観察力がある

犬は周りの状況や人の表情、他の犬の様子などをよく観察します。元々祖先が群れでの生活をしていたこともあり、コミュニケーション能力や観察力はとても優れています。争いが起きそうなときは敵意がないということをアピールしたり、怪我をしている仲間がいると気遣ったりということもできます。

 

真似をして学習する

犬は言葉を話せません。そのため行動を見て覚えます。自分よりも経験豊富な犬の真似をすることで生き残る確率が高くなるためです。

 

犬は生後1ヶ月ではっきり目が見えるようになったり、耳が聞こえるようになったりします。そして生後1ヶ月以降からは兄弟犬や親犬の行動を見て、たくさんのことを学びます。

 

例えば母犬に噛みついて叱られたり、他の犬が遊んでほしいときにやる行動を真似したりいろいろことを真似します。主に母犬の真似をして犬同士の付き合い方や人間との接し方などを学ぶことになります。

 

飼い主の行動を真似をする

犬は群れで生活していた頃の名残で、自分よりも経験豊富な年長者や親の行動を真似します。現代の犬にとっての年長者や親は飼い主さんです。自分がよりよく生活するために飼い主さんの行動を真似するようになります。

 

そして飼い犬の多くは自分が飼い主さんのマネをしたら、飼い主さんが喜んだり、感動したりすることを理解していきます。飼い主さんが笑ってるときには一緒にはしゃいだり、悲しんでいるときには寄り添ったり、犬が飼い主さんに共感しているような反応をすると嬉しいですよね。

 

それを褒めてあげると犬はこの行動が良いことだと学び、次も行うようになります。犬にとって飼い主さんに褒められることは最も嬉しいことのひとつです。飼い主さんの声や表情から飼い主さんが喜んだりしていることを理解すると犬も嬉しいのです。犬が飼い主さんの真似をするのはそういう理由があります。

 

犬が真似する5つの仕草や行動

あくびをする犬

 

1.あくび

飼い主さんがあくびをした少し後に犬があくびをする、というのを見たことはありませんか?人間同士でも「あくびがうつる」というのはありますよね。あくびがうつるのは真似しようと意識しているのではなく自然とそうなってしまうようです。あくびがうつる現象は犬が飼い主さんに共感しているときに起こるものなので、犬の飼い主さんに対する愛情が強く、絆が深まっている証拠だと言われています。

 

2.笑顔

犬の笑顔は口角を少しあげて目を細めているような状態を言います。人間の笑顔よりは控えめかもしれませんね。犬の顔の筋肉のつくりは人間とは違うので、人間と同じような笑顔とはいきません。でも見ていると笑っているのがわかるので不思議ですね。飼い主さんに褒められたりすると笑顔のような表情をする犬が多いです。飼い主さんが頻繁に笑う場合は犬も表情を真似て笑顔のような表情を作ることがあります。

 

3.ハイハイ

人間から見るとハイハイは犬にとってはほふく前進というところでしょうか。これも犬が真似をしやすい行動のひとつです。赤ちゃんがハイハイしている横で犬も同じようにハイハイをしている動画などもあります。

 

真似をすると飼い主さんが喜んでくれるのもありますが、赤ちゃんを応援したり、赤ちゃんに自分の真似をさせようとしているという意味もあります。赤ちゃんに教えるというものは、例えば階段を上り下りしたりするのも見せるように何回もやることがあります。犬にとっても赤ちゃんはお世話してあげたくなる存在なのかもしれません。

 

4.相づちを打つ

家族同士で話していたり、外で人と話しているときにすっと側にきて頷いたり、首を傾げたりすることがあります。もちろん言葉を完全に理解しているわけではありませんが、言葉のトーンや飼い主さんの雰囲気でポジティブなものかネガティブなものかを判断しています。

 

飼い主さんや他の人達が楽しそうに話していると犬もその輪の中に入りたくて、相づちを打つ真似をします。飼い主さんがよく相づちを打つ方だと犬も真似しやすいようです。本当に理解しているのかどうかは別として、犬が頑張って話を聞いてくれるのは嬉しいですよね。

 

5.同じ体勢で寝る

飼い主さんと一緒にお昼寝をしたりする犬の場合、飼い主さんと似たような体勢で寝ているときがあります。自然とそうなることも多いのですが、飼い主さんの真似をして寝ることで安心感を得ているのかもしれません。飼い主さんの真似をして枕を使ったり、自分で布団をかぶったりする犬もいます。

 

まとめ

犬とタッチ

 

犬は真似をして学習していく生き物です。真似をする対象は群れの中で自分よりも経験が豊富な年長者や親です。人間に飼われている犬は飼い主さんの真似をすることが多く、あくびをしたり、同じ体勢で寝たり、いろいろなことを真似ます。飼い主さんと同じような行動をとることで安心したり、よりよく暮らせるようにしたりしているのです。犬が真似をしてくるのは飼い主さんのことを愛していて、絆がある証拠です。

イヤったらイヤったらイヤ!風呂ギライなわんこと飼い主との間で繰り広げられる壮絶な攻防戦

風呂ギライの人は必ずこういう。「風呂なんか入らなくったって死にはしない!」

確かにそうかもしれない、そうかもしれないがあまりにも風呂に入らないでいると、周囲の人に殺人的な被害を及ぼすかもしれない。

風呂嫌いなペットたちも、やっぱり「入んなくっても困らないよ!」ってきっと思っているんだろう。そこは心を鬼にして、なんとかお風呂場へと連れ込まなければならないのだ。頑張れ飼い主のみんな!

 

Dogs That Absolutely Hate Baths! Funny Dogs Compilation | Video Digest

「イヤったらイヤ!」
dogshatebath1_e

「なんでわかってくれないのおぉぉぉ〜ん!」
dogshatebath2_e

「お風呂よ」(ダッシュでベッドの下)
「お散歩…」(呼ばれて飛び出てスタンバイ)

dogshatebath (2)

最後の涙ぐましい抵抗。
dogshatebath3_e

ずるずるずるずる……。
dogshatebath4_e

とまあこんな感じで、見るも涙語るも涙の、お風呂場へと連行されていくわんこたちの物語なのであった。

もちろんお風呂大好きなわんこだってたくさんいるわけなんだが(コレとかコレ)、みんなのおうちにいるペットたちはどう? お風呂好き? それともやっぱり抵抗する? お風呂に関するペットたちの楽しいエピソードとかあったら、ぜひコメント欄で披露してくれると嬉しいんだ。

カワイイ目にキュン…♡犬が上目遣いで飼い主を見つめる心理3つ

犬の上目遣いに隠された心理

人間は目つきで怒りや喜び、悲しみなどの感情が非常に分かりやすいですが、犬の目にも表情が色々あって飼い主さんに対して感情を表現するひとつの方法になります。

犬が飼い主さんを上目遣いでジッと見つめるのは、何かに対して要求している心理が働いていることが非常に多くあります。また可愛い仕草ではあるものの、不安や緊張を伝えてきていることも。

フセをしていても、お座りしていても、立っていても、人間より低い位置に顔がある犬は自然と上目遣いになる事が多くありますよね。可愛い上目遣いに隠された心理を探ってみましょう。

犬が上目遣いで飼い主を見つめる心理3つ

要求したいことがる

犬は要求したいことがある時、飼い主さんをジッと上目遣いで見つめてきます。経験のある方も多いかと思いますが、飼い主さんが何かを食べている時や、キッチンで食事の準備をしている時に、健気にずーっと上目遣いで見つめながら待っていることはありませんか?「その美味しそうなものを少しください」と思っているかもしれません。

やはりご飯やおやつのおねだりで上目遣いで見つめてくる子は多くいるようです。その他、お散歩に行きたい時や一緒に遊んでほしい時なども上目遣いでアピールしてきます。我が家の愛犬の場合は「一緒に眠りたい」など甘えた心理の時も上目遣いで見つめてきます。

可愛い瞳で見つめられると、ついつい全ての要求に応えてあげたくなりますが、甘やかすのは禁物です。おやつのおねだりなどは無視して、正しい要求にだけ応えるようにしましょう。

不安や寂しさを感じている

とても可愛い犬の上目遣いですが、じつは何かに対して不安を感じた時や、寂しい時にも上目遣いになるのです。家庭内で大声を出すようなケンカがはじまったり、飼い主さんがストレスでイライラしている時など不安感から体が動かなくなり、目で追うように飼い主さんを見上げるので上目遣いになります。

また、あまり構ってもらえず寂しさを感じた時は、フセの状態で飼い主さんを見つめることが多くあります。眠るでもなく、ただフセをして力なく上目遣いで見つめてくる時は「構ってほしいな」「甘えたいな」などと思っているかもしれません。優しく声をかけてあげましょう。

緊張している

イタズラした愛犬を叱った時、上目遣いで見つめられたことはありませんか?これは叱られることによって、緊張している心理の現われです。反省しているような上目遣いに見えますが、反省しているわけではなく、緊張状態のなか飼い主さんの様子をしっかり観察しているのです。緊張状態のなかしつけで叱らなければいけなくても、犬の頭にはあまり入っていきませんので緊張を解いてあげ、しつけは後日に再チャレンジしましょう。

また緊張で上目遣いになるのはイタズラをして叱られている時だけではありません。初めて会う人に対しても強い緊張感を持つ犬がいます。初対面の人と、どう接してよいのか分からず緊張してしまうようです。無理に一気に仲良くなろうとせず、ゆっくりと近寄り、目は合わせることなく体の一部の匂いを嗅がせながら少しずつ緊張をほぐしてあげましょう。

体勢の違いによる上目遣いの心理

立っているとき

犬が立っている姿勢で上目遣いで見つめてくる時はちょっとした興奮状態にあります。要求していた何かが叶いそうな雰囲気を感じワクワクしている状態です。もうすぐお散歩だ!もうすぐご飯だ!と少し興奮気味なので、飼い主さんのちょっとした動きでひとつで一気にテンションもマックスになります。興奮しすぎないよう気をつけて接しましょう。

また警戒心の現われで立った姿勢で上目遣いになることもあります。危険が差し迫ってきた時にすぐに動き出せる状態を保っているようです。

フセをしているとき

上記でフセの状態で上目遣いで見つめてくる時は寂しさを感じている時と書きましたが、他の心理も少しあります。フセをしている場所や環境、その場にいる人に対して安心感や信頼感を持っているようです。基本的にはそれなりにリラックスできているのでしょう。

強く寂しさを感じている時はしっぽが下がっていることが多いので一緒にチェックしてみましょう。また初対面の人を上目遣いで見つめる時、体勢がフセの状態であれば緊張感は薄いと言えます。

まとめ

愛犬の上目遣いは日常的に良く見る可愛い表情のひとつだと思います。しかし不安や緊張などマイナスな心理状態も少なくないようですね。愛犬が上目遣いの時、体勢や表情などと合わせて辛い気持ちになっていなかチェックしていきましょう。

犬にとってお気に入りスポット?犬が飼い主のベットから離れない心理6つ

犬が飼い主のベッドから離れない心理①「大好きなニオイがするから」

No image

ベッドには、大好きな飼い主さんのニオイが染みついていますね。犬にとって、大好きな飼い主さんのニオイは、安心することができるニオイです。ベッドから離れないのは、安心して寛ぐことができる場所だからでしょう。ひとりでお留守番している間、犬も寂しく思うことがあるのではないでしょうか。そんな時は、大好きで安心することができる、飼い主さんのニオイが染みついたベッドで眠ることで、寂しさを紛らわせているのかもしれません。

犬が飼い主のベッドから離れない心理②「静かな場所だから」

ベッドが置かれている寝室は、家の中でもとくに静かな場所ですね。家族が集まるリビングも賑やかで良いけれど、体や心を休めたいときは、犬も静かな場所を好みます。そして、犬もひとりになりたい時間があるのではないでしょうか。そんなときは、静かな寝室へ行き、大好きな飼い主さんのニオイに包まれながら、安心して休むのでしょう。

犬が飼い主のベッドから離れない心理③「暖かいから」

ベッドにはお布団が敷かれていますね。ふかふかのお布団の上は、犬にとっても暖かいものです。冬の寒い日は、暖かいお布団の上で体が冷えてしまわないようにしながら、寛ぎたいのではないでしょうか。うちの愛犬たちは、冬の間は私のベッドの上にばかりいます。でも、夏の間は寄り付きもしません。このことからも、お布団は本当に暖かいものなんだろうな、と改めて感じます。

犬が飼い主のベッドから離れない心理④「休む場所だと理解しているから」

寝室やベッドは、体を休める場所だ、と理解しているのではないでしょうか。初めて飼い主さんのベッドで休んだとき、体や心の疲れが癒されたことを実感したからなのかもしれません。私たち人間は、つい、ソファーやコタツで眠ってしまうことがありますよね。そんなとき、体が痛くなったり、逆に疲れてしまっていたりしませんか?やはり、体や心の疲れを癒し、休めるためにはベッドやお布団が相応しいのでしょうね。それは、犬にとっても同じなのかもしれません。

犬が飼い主のベッドから離れない心理⑤「ずっと一緒にいたいから」

犬は群れで暮らす動物であり、社会性のある動物でもあります。人間社会で暮らす今、家族である飼い主さんと常に一緒に行動したいと考えています。しかし、お仕事の間など、一緒にいられない時間の方が多いかもしれません。そんなとき、大好きな飼い主さんのニオイが染みついたベッドで過ごすことで、飼い主さんと一緒に過ごしているような、そんな気持ちになれるのではないでしょうか。ひとりでいるよりも、誰かといる方が安心できて、落ち着いていられますよね。それを感じられるのがベッドなのです。

犬が飼い主のベッドから離れない心理⑥「自分のベッドが気に入らないから」

愛犬のためにと悩みながらも選んだベッドや寝床。飼い主さんのベッドでばかり寛ぎ、自分のベッドや寝床を使ってくれないのであれば、犬にとっては居心地の悪い場所なのかもしれません。新しいベッドやブランケットには、独特なニオイがありますよね。そのニオイが気に入らないこともあります。新品独特なニオイより、大好きな飼い主さんのニオイの方が断然、心地よいでしょう。ふかふかな犬用のベッドを用意してあげても、暑がりな犬は気に入らないかもしれません。寒がりな犬なら、冷房の効いた部屋で過ごす場合、夏でも暖かくふかふかなベッドを好むかもしれません。

まとめ

飼い主さんのベッドを自由に使わせるのかどうか、賛否両論あると思います。抜け毛や汚されてしまうことを嫌がる方もいらっしゃるでしょう。お留守番の間にベッドやお布団を破壊されてしまうのではないか、と心配される方もいらっしゃるでしょう。飼い主さんのベッドと同じくらい、愛犬に気に入ってもらえる愛犬専用のベッドを用意してあげたいですね。