暴れる猫に「コラッ!」 猫は平気、赤ちゃんはビエーと大泣き

[‘

\n いたずらっ子のあんず(前方)と、いたずらはしない主義のモモ\n

いたずらっ子のあんず(前方)と、いたずらはしない主義のモモ

\n

\n

‘, ‘

\u30008歳近くになってもなお、パワーが有り余っている我が家のサビ猫「あんず」。少なくとも1日に1度は “暴れん坊タイム”を必要としています。

‘, ‘

\u3000狭い部屋の中で、斜めの方向に弾丸ダッシュしたり、“ニャニャニャ!”と興奮気味に鳴きながら猫タワーを登り降りしてみたり、“やっちゃダメ”と言われていることをあえてやったり……という、とても高齢に差しかかった猫のすることとは思えない活発さです。

‘, ‘

\u3000その時間は、昼夜問わず、前触れなくやってきます。

‘, ‘

\u3000膝の上にクッションを置き、赤ちゃんを寝かせて授乳していたときのことです。

‘, ‘

\u3000生後2か月の我が家の赤ちゃんは、私の膝の上でミルクか母乳をゆっくり飲み、そのままウトウトすることを好んでいました。赤ちゃんは静寂のなか、夢中で哺乳します。我々は哺乳類なのだなぁ……としみじみ思う瞬間です。ウトウトと半分眠りしながら、無意識に口だけ動かしているようで、気持ちよさそう。赤ちゃんにとって、至福の時間と言えます。

‘, ‘

\u3000そんなクラシック音楽が流れてきそうな瞬間に、あんずの“暴れん坊ロックンロールショー”が開催されてしまいました。\u3000

‘, ‘

\u3000赤ちゃんが熟睡しているときなら、あんずがいくら大暴れしても、赤ちゃんが起きる心配はないのですが、“ウトウト”の時は目覚めてしまわないか、ドキドキしてしまいます。

‘, ‘

\u3000ドドドー!と走って、“ニャニャニャ!”でタワー。いつものように暴れまくるあんずを、授乳しながら見守っていると、あんずがキッチンのシンクに登りました。長年“ダメ”と言い聞かせているので、やってはいけないことと分かっているくせに、ロックな時間には歯止めがききません。

‘, ‘

\u3000まぁ、危ないものは片づけてあるし、登るくらい何もないのですが、しつけの問題でダメなことをしたときは、すぐにたしなめるようにしています。

‘, ‘

\n あんずが眠っていれば、赤ちゃんも安心して眠れます\n

あんずが眠っていれば、赤ちゃんも安心して眠れます

\n

\n

‘, ‘

\u3000なので、今までと同じノリで「コラッ!\u3000あんず!」と声をかけると、あんずは“あ、やっぱり怒られちゃったー”ってな具合ですぐに降り、また弾丸ダッシュへ。毎度同じ反応です。

‘, ‘

\u3000しかし、膝の上で至福の時間を過ごしていた赤ちゃんにとっては、初めての経験でした。静寂を切り裂く「コラッ!」。しかも、優しく哺乳させてくれていた母が、いつも1オクターブ高めの裏声で話しかけてくれていた母が、これまで聞いたことのないドスの効いた大声をあげたのです。

‘, ‘

\u3000赤ちゃんは体をビクっとさせ、目をパチクリ。一瞬、何が起きたか分からない様子で固まっていましたが、すぐに「ビエーーー!」と大泣きしてしまいました。

‘, ‘

「ごめんね~、あなたのことじゃないんだよー、ゆっくり飲んでいいよー」
「ビエエエエエー!!!\u3000ウギャー!!!」

‘, ‘

\u3000赤ちゃんを安心させるために授乳は中断。しばらく抱っこして過ごしました。

‘, ‘

\u3000なので、それ以降は、赤ちゃんをお世話しているときに、あんずがいたずらしたら、優しく「あんちゃん、だめよ(ハート)」とマザリーズ(母親語)で語りかけ、眼光だけは鋭く“オラ、分かってんだろ!?”とにらみを利かせることにしたのでした。

‘, ‘

\u3000あんずは、いたずらしていることは自覚しているので、一応やめてはくれますが、“ふーんだ! 怖くないもんねー”という反応をしてきます。

‘, ‘

\u3000飼い主としての威厳を損ねている気がしますが、やむを得ません。

‘, ‘

(ヤスダユキ)

‘, ‘

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

‘, ‘

\n 朝日新聞社のニュースサイト\n 朝日新聞デジタル\n

‘]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です