おこわ、ごめんね。ありがとう 「やっぱ、猫じゃけぇ」

 突然、おこわが旅立ちました。
 朝、ご飯を食べに出てこないので見に行くと体を斜めにして足を痙攣させ威嚇。
 すぐ病院に連れて行くも、血液検査とCT検査の結果はほぼ異常なし。
 夕方には状態も落ち着いたと連絡があり、翌日MRI検査の紹介状をもらうということで連れ帰ったのですが……旦那が帰宅してすぐ。
 大きな呼吸を5回して息を引き取ってしまいました。
 昨日までは元気にしていたのに……。
 突然のことに頭がついていかず、ご飯も4匹分用意してしまったり、無意識のうちにおこわを探してしまったりしています。
 もっともっと撫でたら良かった、好きなおやつをあげたらよかった、と後悔は尽きませんが、おこわと過ごした毎日は私の宝物です。
 おこわの分も残った子たちを可愛がって、いつか私がそっちに行った時によくやったと褒めてもらえるよう生きたいと思っています。
 おこわ、ありがとう。

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

朝日新聞社のニュースサイト
朝日新聞デジタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です